日常に彩りをスパイスする情報サイト

Spice Up!

スキルアップ

日本語英語はヨーロッパでは通じない?恥ずかしい英語を改善する方法

日本語英語はヨーロッパでは通じない?と不安に思ってはいませんか?

旅行前や出張前は不安になるものですよね。

正直いって私がヨーロッパに行った時は、日本語英語は通じませんでした。

日本で使われている英語のニュアンスと、ヨーロッパで使われている英語のニュアンスが違うからなんですね。

今回は、ヨーロッパに行っても恥ずかしい思いをしなくていいように、日本語英語で通じさせる方法について、ご紹介していきます。

 

sponsored link

日本語英語はヨーロッパでは通じない理由

例えばですけど、ヨーロッパでマクドナルドに行くとします。

マクドナルドは世界のどこにでもあるので、入りやすく、英語になれていない人にとっては安心ですよね。

 

しかし、注文する時に気をつけないといけないことがあるんです。

 

 

あなたがフライドポテトを頼もうとしたとします。

注文する時に、なんと言いますか?

 

 

”Potatoe, please”

 

 

こういう人は多いと思います。

 

しかし、これを言うと、え??と聞き返されます。

 

なぜなら、フライドポテトは英語で、”french fries” というからです。

発音はフレンチフライズ、です。

 

 

Potatoe だと、ただのじゃがいもになってしまうんですね。

 

 

だから正しくは、"French fries, please"ですね。

 

 

このように、日本語で使われている日本語英語と、本場で使われている英語の単語は違うことがあります。

 

 

しかし、Pleaseは中学レベルの英語なので、誰でもわかりますよね?

 

よく使う単語だけ覚えれば、あとは中学レベルで習ったフレーズと組み合わせていくだけで通じる英語を話すことができます。

 

sponsored link

日本語なまりの英語は恥ずかしくない!

 

 

海外に行くとわかりますが、様々な国の人が第2外国語として英語を話しています。

国によって違う言語に聞こえるくらいなまりがあることもしばしば。

 

 

特にインド人の英語はすごく訛っていて聞き取りづらい時がありますが、彼らは発音が綺麗かどうかなんて気にしていません。

自分の意志を伝えるため、コミュニケーション手段として話しています。

 

なので、日本語なまりの英語だから恥ずかしいといって話さない人がいますが、そんなのは全く気にする必要がないんですね。

 

”意志を伝えるために英語を話す”

 

そこにフォーカスすると、英語がぐんと上達します。

 

やっぱり話してナンボなので。

 

 

JJ ENGLISH エクササイズという教材では、

中学レベルの英語を駆使して、英会話をする方法を学ぶことができます。

 

野球選手の川崎宗則さんがイメージキャラクターです^_^

 



 

東進ハイスクールでおなじみの先生がサポートしてくれます。

 

JJ ENGLISHエクササイズでは、動画で英会話を学んでいきます。

 

これは、テキストだけで学ぶよりも動画で学ぶほうが習得率が2倍だから、という理由です。

 

 

動画を見ながら、ネイティブ独自の言い回しや、単語を覚えていくスタイルです。

 

 

中学レベルの英語でも話せるとわかると自信がつくし、旅先でも積極的に話せるようになります。

 

そうすると、世界が広がって、世界各国に友達ができたり、恋人ができたりするかもしれません^^

 

 

何事も思い立ったが吉日です。

今やり始めることで、5年後の未来が変わってきます。

 

 

JJ ENGLISHエクスプレスで、今すぐ話せる英会話を学んでみませんか?

 

 

↓↓↓申し込みはこちらから↓↓↓

安河内哲也先生を始めとした実績のある実力派講師陣が監修&コーチ!【JJ ENGLISH エクササイズ】

-スキルアップ
-, ,

Copyright© Spice Up! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.