日常に彩りをスパイスする情報サイト

Spice Up!

クリスマス

ポインセチアをクリスマスに飾るのはなぜ?由来や花言葉とは?

クリスマスシーズンになると、街の花屋さんにポインセチアが並ぶようになります。

ポインセチアをクリスマスに飾るのはなぜなのでしょうか?

由来や花言葉についても、まとめました。

 

 

sponsored link

ポインセチアとは?

 

ポインセチアは、トウダイグサ科トウダイグサ属の植物

 

 

原産国はメキシコと中央アメリカ。

メキシコのアステカ族によって育てられていたそうです。

アメリカではインディアン達は苞から色素をとり、染料として使用していたといいます。

 

 

明治時代に日本に入ってきており、和名は猩々木(ショウジョウボク)と名付けられました。

大酒のみで赤ら顔の架空の動物、猩猩(ショウジョウ)と似ていることが名前の由来です。

しかし、この名称はほとんど使われず、ポインセチアの方がよく使われる名称となっています。

 

 

日本では、11月~12月頃に葉が赤や桃、白い色に色づきます。

 

 

実は花びらに見える赤い部分は、葉です。

じゃあ花はどこにあるのかというと、苞の中心部にある黄色の粒の部分が花になります。

間近で見る機会があれば、見てみてくださいね。

 

sponsored link

ポインセチアをクリスマスに飾るのはなぜ?

ポインセチアをクリスマスに飾るのはなぜなのでしょうか?

いくつか理由があります。

 

 

原産国のメキシコでは、「ノーチェ・ブエナ」(聖夜)と呼ばれていることから、クリスマスの花、として扱われているそうです。

原産国でもクリスマスの花という扱いなんですね。

 

 

そして、ポインセチアの色もクリスマスフラワーとして扱われる理由の一つです。

クリスマスカラーといえば、赤、緑、白の3色です。

それぞれ意味があります。

 

赤い色

キリストの血

 

もみの木や柊などのエバーグリーン=永遠の命や愛

 

白色

ポインセチアの樹液、純潔

 

 

ポインセチアは赤、緑、白のすべての色を持っています。

それで、クリスマスの生誕祭に使われるようになったんですね♪

 

 

また、フランシスコ修道会の人は、メキシコでポインセチアと出会った時に、ポインセチアの形からベツレヘムの星の形を想像した、といいます。

ベツレヘムの星は、キリストが誕生した直後に、西の空に現れた星のことです。

 

ポインセチアの花言葉は?

 

「聖夜」

「祝福する」

「幸運を祈る」

「私の心は燃えている」

 

 

素敵な花言葉ばかりですね。

 

ポインセチアでクリスマス気分も盛り上げよう♪

ポインセチアの華やかな赤色って綺麗ですよね。

手頃な価格で手に入るのも魅力です。

 

ポインセチアで、クリスマス気分を盛り上げてみてはいかがでしょうか?

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ポインセチア 鉢花 5号鉢 ギフト用 鉢植え
価格:2480円(税込、送料無料) (2018/12/2時点)

 

楽天で購入

 

 

 

 

HitoHanaでは、シックで素敵なクリスマスフラワーを販売しています。

ポインセチアはもちろん、クリスマスリースや、クリスマスプレゼントにしてもおしゃれなフラワーアレンジメントが揃っていますよ♪

是非サイトをのぞいてみてくださいね♪

 

 

↓↓詳しくはこちらから↓↓



-クリスマス
-,

Copyright© Spice Up! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.